一次審査結果


第13回ガーディアン・ガーデン演劇フェスティバルの募集が8月20日(水)19:00に
締め切られ、以下の審査員により、さっそく一次審査がおこなわれました。

審査員
天野天街
(「少年王者舘」主宰)
ウニタモミイチ
(演劇エッセイスト)
坂口真人
(演劇ぶっく社代表)
坂手洋二
(「燐光群」主宰) 
堤広志
(演劇・舞踊ジャーナリスト)

今回は演劇、ダンス界の幅広いシーンから多くの応募をいただきました。
ジャンルが広がれば広がるほど、全く方向性の異なるものの中からこのフェスティバ
ルが求める団体を選出しなければならず、例年の如く今年も一次審査から議論は長時
間に渡り混乱しました。応募団体のキャリア、規模(動員面など)は比較的差がなか
ったように思われます。審査員の皆さんがそれぞれにこだわりがあり、最終の10団体
に絞り込むまで時間がかかりました。

「なにをしたいのか」「どんなことをやっているのか」、まずそこをビデオと資料で
提示していただきたい、というのが一次審査なのですが、まだその基本的な提示にお
いて不完全な内容のところも多かったように思われます。となるとやはり「とりあえ
ず応募しておく」というスタンスでは、一次審査通過は不可能という現状です。

通過された団体は、ぜひその未知の可能性をプレゼンテーションにぶつけてください。
また残念ながら今回、不通過となった団体の方は、より一層力をつけて、次回以降に
ぜひチャレンジしてみてください。

それでは、公開二次審査会出場の10団体を発表します。

●チェルフィッチュ
●こどもとあそぶ
●劇団MCR
●APE
●ジュース
●劇団かわいい子
●初期型
●激弾スペースノイド
●PORT + PORTAIL
●らくだ工務店

(エントリー順)

上記10団体は、きたる9月23日(祝日)にスフィアメックスでおこなわれる公開二次
審査会に出場します。審査員、一般観客、他団体が見守る中、10分間のプレゼンテー
ションで、「フェスティバルに出場したい!」という思いを自由に表現します。その
場で3団体を選考しますので、皆様もぜひその決定の瞬間に立ち会ってみてください。

入場希望の方はあらかじめガーディアン・ガーデンまでお電話でご予約ください。(入場無料)
また、ご覧になられた際は、ぜひ一行レビュー談話室などに感想を書き込んでください。
公開二次審査会の様子も終了次第アップします。お楽しみに。

なお昨年の公開審査会の様子は http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/gg02/で見ることができます。

公開二次審査会

 日時:2003年9月23日(祝日)14:00〜18:00頃
   (開場は30分前を予定・終了時間は当日の議論の進行状況により変わります)

 会場:スフィアメックス

 ご予約・お問い合わせ:ガーディアン・ガーデン tel 03.5568.8818


[第13回GG演フェスTop]