フェスティバルについて


このフェスティバルは、
これからの小劇場界を担う
若い表現者を応援すると同時に、
新しい試みのできる場を
提供するものです。


ガーディアン・ガーデンは、コンペティションギャラリーとして、若いクリエイターの表現活動を応援しています。主に、アート・写真・演劇等を対象にジャンル別に公募を行い、審査に通過した方に無償で表現の場を提供しています。

今回で9回を数えるこのフェスティバルは、既存の演劇フェスティバルとは一線を画し、公募制というシステムをとることで、誰にでも公平にチャンスが与えられています。今回も数多くの応募の中から、企画書とビデオとによる一次審査に通過した10団体に、公開の場で選考委員と直接対話をする公開二次審査会に参加してもらいます。実際にワンシーンを演じたり、プレゼンテーションした後、選考委員との討議の結果、3団体を以下の選考委員によって選出します。

●選考委員

入江たのし(プロデューサー)
うにたもみいち(演劇エッセイスト)
坂口真人(「演劇ぶっく」代表)
武藤起一(映像環境プロデューサー)
宮沢章夫(ゲスト審査員/劇作家)
宮城聡(ゲスト審査員/ク・ナウカ主宰)
                     <50音順・敬称略>

●フェスティバル出場までの流れ

  応募(企画書、過去の公演を10分程度にしたビデオや、これまでの活動をまとめた資料を提出)
      ↓
  一次審査(企画書、ビデオ、資料をもとに選考)
      ↓
  10団体を選出
      ↓
  公開二次審査(一次選考通過団体が選考委員・観客の前で公演の企画内容についてのプレゼンテーションを行い、その後、選考委員による出場3団体決定の議論を公開の場で行う)
      ↓
  フェスティバル出場3団体決定


出場3団体が決定するまでの審査過程から、実際の公演までのすべてを公開しています。
また、このフェスティバルは観客の皆様に参加していただくことで成り立っています。
皆様の手でこれからの新しい表現者たちを応援してください。

●稽古場レポートを公開します

 出場3団体の本番公演までの稽古場での様子、創作過程がインターネット上で公開されます。

●人気投票に参加しませんか

 3団体の中で一番おもしろかった団体、一番輝いていた男優、女優、一番印象的だったスタッフワーク(舞台美術、照明、音響など)を選んでみませんか。3団体の公演がすべて観られる共通割引チケット「パスポート」をお買い求めいただくと、投票権を得られます。投票結果は、インターネット上で発表します。

●観劇後の感想をお寄せください

 公演を観たご意見、ご感想を観劇レポートとしてまとめ、会場とインターネット上で公開します。

 インターネット「えんげきのぺーじ」
 http://dx.sakura.ne.jp/〜nnn/play/gg99/

(このページの文責:ガーディアンガーデンフェスティバル事務局)
[ガーディアンフェスTop]

にしかど (nskd@enpe.net)