ユニークポイント


●初日舞台写真●

●観劇レビュー●


ユニークポイントの初日の幕が無事上がりました。

これから観にいこうと思っている人にとっては、種明かし
になってしまいますので、観ないことをおすすめします。
観てきた人は、思い出として感慨に耽ってください。
観にいこうかどうか迷っている人は、写真を見て決めて
いただいてもいいですし、観ないで決めていただいても
結構です。まったくもって観にいく気のない人は、
せめて公演写真ぐらい見てください。

また、観劇レビュー(一行レビュー長文レビュー)大歓迎です。
皆さんの率直なご意見を、えんぺ内にガシガシ書き込んでください。
よろしくお願いします。

初日舞台写真

舞台写真1大がかりな舞台美術は完成度が高
照明効果で雰囲気がガラッとかわる舞台写真2
舞台写真3演技力の高い個性的な役者陣


観劇レビュー

→ 一行レビュー・GGスペシャルのページへ

端正な箱が用意された。静かで、押し付けがましくなくて、良く見るととても細かい気づかいが見受けられる。しかもさりげない。自然とこれから始まる物語に期待が高まる。いろんな男女が、まだ見ぬ人物の名を発しては消える。よくあるドラマの人間関係図のように、頭の中で次第に関係が組み上がっていく。…しかし観客の想像力にも限界がある。二次審査会の時は10分だったけど、1時間40分は長すぎた。客は意外と馬鹿である。もう少しヒントがほしい。この人間関係を縫っていく物語というかストーリーを読み解くためのヒント。勝手に想像してください、という不親切な芝居もあっていいと思うが、本当にそれが作者の意図するところなのだろうか。
山之上さくら

■

確信犯なのか?
音楽のない静かな客席で、開演前に私はすでに眠くなっていた。しかし本番が始まると寝るどころではなかった。それには3つの理由がある。
まず1つ目に、登場人物の関係と話の設定が分かりづらい。芝居の半分くらいまで悩みに悩んでしまった。
2つ目は気になることが多すぎる。気になる台詞を残しておいて、結局それが何だったのか分からない。いつかそれについて話が出るだろうと思わせて、最後まで出てこない。これは非常にやきもきする。
そして3つ目は登場人物の関係性や会話がすべてよそよそしい。下手な芝居にも見えるが、実際自分が日常生活で出くわす、初対面の人との会話や気の合わない人と話さなければいけない状況を思い出させる。
結局この芝居が良かったのかどうか分からない。そういう気持ちを持たせる演出だったのか。そうすると、もやもやした気持ちを抱えて会場を後にした私はまんまとはまってしまった観客である。
マーくん

■

この手の芝居は本当に難しいと思った。役者の力量、戯曲の完成度はもちろん、美術や照明、音楽とどれか一つでもへくると、一気にリアリティを失い、みすぼらしいものとなってしまう。「身代わり」がみすぼらしかったとはいいがたいが、やはり満足できるものではなかった。
一番にはまず描写された世界がチープであって、特に私にとってリアリティのないものであったということも大きい。個人の趣味趣向があるので明確にいいきることはできないが、モデルと画家の関係の中で、「脱ぐ」「脱がない」という安易なお題目で物語を展開させていくのはどうかと思う。
また、コーヒーを入れる、コーヒーを飲むという行為が芝居の中で重要なファクターとなっているが(それは作家の意図することとして)、その一連のコーヒーの取り扱い方が雑である。あれではコーヒーの匂いも客席まで伝わらないし、飲みたいとも思えない。逆にあのコーヒーが飲みたいと思えれば、もしかするとこの芝居が勝ったといえるのではないだろうか。
とまあ、この芝居に対してとやかくいうのは実は簡単であるということはもちろん承知している。「笑い」や「感動」といった装飾がなされていない分、見えなくてもいいところや、見せたくないところまで見えてしまう、という必然がついてまわるのだからしょうがない。でもしょうがないですますわけにはいかない。もっと上を、もっと先を見据えて、相当な覚悟と高い志しで取り組んでいかないと、いつまでもこのレベルに留まってしまうような気がしてならない。東京ドームに散った紙吹雪一枚一枚を丁寧に拾って歩くような緻密さが必要となるのだろう。
この手の芝居は本当に難しい。
月村

■

二次審査会で、この団体のプレゼンを観て、ある種の期待を持っていた。何やら、秘められた『いやらしさ』の様なものを感じていたのである。が、いざ本番を観てみると、その『いやらしさ』がどこかに消えてしまっていた。プレゼンの10分間には確かにあったもの、本番の90分間には確実になくなってしまったもの。演劇ってそんなものなのかな…?
マックスコーヒー

(以上ガーディアンガーデンフェスティバル事務局)


[ユニークポイントTop]

-------------------------------------------------------------------

にしかど (nskd@enpe.net)